知足です。福島県郡山市の宗形さんより、御礼のメールが届きました。宗形さんは郡山市医療介護病院の看護部長を務めながら、子育て支援活動も続けておられます。私が浪江町の希望の牧場に彫刻を寄贈した際も同行してくださいました。ルワンダ紛争後の教育(1994年、内戦により50-100万人の市民が虐殺された)に関わる団体との共催で、病院で高齢者対象の支援活動をされていることは初めて知りました。宗形さんが「命」に関する幅広く重要な活動をされていることに、敬服の念がたえません。


------------------------------
 
知足みかこ様

 ご無沙汰をしております。
長い間のご支援ありがとうございます。
そしてまた、熊本から野菜を届けていただくことになり感謝でいっぱいです。本当にありがとうございます。

これも縁と思い、その野菜をどのようにみなさんに知っていただくかいろいろと考えておりました。
私たちは、今も助産師として子育て支援は続けております。今年で11年目になりました。
お送りいただく時間の問題で、子供達へ届けることはできません。
しかし、今私が仕事をしている病院が行う高齢者対象のイベントを「NPO法人ルワンダの教育を考える会」との協賛で行っております。
ジェノサイトを経験したルワンダの家族が福島県に住んでおり、ルワンダの教育のために活動している団体です。野菜をお送りいただく次の日がイベントのため、この野菜をルワンダの方々にお渡ししております。私も今年の春にルワンダに行ってきました。ルワンダのためにしっかりと活動している団体です。写真をお送りしますのでご覧ください。

今後ともよろしくお願いします。

 宗形初枝