寒中お見舞い申し上げます。知足です。
年明けは穏やかに晴れ、実家の英彦山(ひこさん)も参拝客で賑わっていました。(私は英彦山山伏の子孫なのです)
白河市のたんぽぽサロン・永野さんより、野菜到着のお便りが届きました。皆さんの笑顔が、とてもうれしいです。ブログのお写真をこちらで引用させていただきました。くまモンのシールを拝見して、熊本と福島が繋がっていることを感じました。http://nijino.sblo.jp/archives/20170112-1.html
ブログ内で永野さんが以下のように記してくださっていて、ありがたかったです。
"「福岡の自分たちが出来ることをしたいと考えた時に、熊本も福島も みんなが笑顔になる取り組みを考えた。食べてもらえることが 熊本の応援になるのだから私達のお願いなので 是非遠慮なく受け取ってほしい。遠く離れていても みんなで支えあって励まし合って笑い合って生きていきたい」と、熱心に言ってくれたエルフの会の知足さんの言葉で 親子に手渡す役割を担うことにしました。"
永野さんの「繋ぐ力」のおかげです。
たんぽぽサロンの皆さん、本年もよろしくお願いします。
------------------------------------

知足さま
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
11日水曜日は 今年最初のたんぽぽサロンのオープン日でした。久しぶりの親子の笑顔でにぎやかなたんぽぽサロンに宅急便が届きました。
すっかり頭から抜けていて(申し訳ありません)なんだろう?と受け取った箱のなかにはくまもと有機の会の野菜がいっぱい。
みんなでびっくりしました。くまもんのシールを眺めながら農家の皆様のご苦労も伝わってきました。
熊本を想い 福岡を想い
ママ達が好きな野菜を喜んで受け取って 行きました。
福岡エルフの会の皆様、みんなの笑顔をご覧ください。心より感謝いたします。