福岡エルフの木〜被災地の妊産婦さんと子供達に野菜を届けるプロジェクト

《被災地の方々に九州産の無農薬野菜と「伴走する心」を届けます。また被災地以外の方々に食物と命の問題への意識喚起を行っていきます》ボランティア団体「福岡エルフの木」は、九州産無農薬野菜を福島に届けるプロジェクトを行ってます。妊婦や授乳中の女性、子供達、仮設住宅の方々に少しでも笑顔になっていただければ幸いです。 →*2016年4月に熊本地震、2017年7月に九州北部豪雨災害が起こりました。福島の支援先の方々の要望もあり、熊本震災や九州北部豪雨災害復興支援にも注力させていただきます。ご理解のほどお願い申し上げます。

カテゴリ: 寄付者からのメッセージ

 知足です。

 9年目の2020年3月11日です。
 あれから毎週1箱、有機・無農薬栽培の野菜を福島県に送り続けてまいりました。2011年から2016年までは福岡県糸島氏伊都安蔵里から、2016年からは熊本県くまもと有機の会(熊本支援もかねて)から発送しています。

 ■福島県いわき市の助産師のコミュニティ団体、 NPO 法人「コミューン」(福島県いわき市平谷川瀬字仲山町20-1,tel:0246-23-3303)<第一木曜到着> http://cw-jyosanshi.com/cms/


 ■福島県郡山市の育児サークル・郡山市医療介護病院●「mama’sサポート助産室MUNAKATA」(→HP)の宗形初枝さん( 活動紹介新聞記事 )が主催する育児サークル「子育てチャットタイム」(福島県郡山市富久山町久保田字水神山77-4,tel:0249-38-3878

 

 ■福島県白河市の育児サークル●NPO法人子育て環境を考える虹の会の永野美代子さん(保育士)が主催する「たんぽぽサロン」(福島県白河市七番町53, tel:0248-22-4169

 

 ■福島県郡山市仮設住宅●NPO法人「昭和横丁」志田篤さん(〒963-0115 福島県 郡山市 南1丁目 94 南仮設住宅A-4-10,tel:080-1387-2302)


  たくさんの方々からの尊い善意のおかげで、毎週野菜を送るという活動が9年も続いたこと自体、本当にありがたく、奇跡的だったと思います。心より感謝申し上げます。

 皆様からいただいたご寄付によって2020年6月までは野菜を送ることができますが、それ以後は一旦、野菜送付休止となりそうです(寄付金の残額により)。しかしながら、支援の気持ちはいつまでも送り続ける所存です。この活動の根幹は、「忘れず、よりそい、優しい思いを送る」ということです。そして、福島のみなさんのお気持ちを、ひろくお伝えすることに力を注いでまいりました。

 災害復興に関わる活動について、このサイトの中で、これからも復興支援の「今」をお伝えしていく所存です。引き続きよろしくお願い申し上げます。


------------------------

 花崎望さんより、ご寄付を賜りました。花崎さんはピアニストであり、障がいをもつ子どもたちに音楽を教えていらっしゃる方です。震災後よりチャリティーイベントを行っては寄付をしてくださいました。これだけ持続して支援をしてくださる方は、ほかにいらっしゃいません。誠にありがとうございます。どれだけ助けられたことかわかりません。

 皆様からご寄付をいただくと、私から感謝状をおくっておりました。それに対して、花崎さんはいつも「(寄付を)させていただくことに感謝いたします」とコメントをよせてくださいました。本当に優しい方だと思います。これまでありがとうございました。


感謝状花崎さん2020.3
ーーー

(3/15 付記)

 本日、新型コロナに関する社会のあり方について、深い示唆を与えてくれる日記のことを知りましたので共有します。

 武漢に住む汪芳という作家の「方方日記」が話題になっています。
武漢の毎日を夜中に投稿しては、政府検閲によって翌朝もしくは即削除されるそうですが
現在、1億人に読まれているそうです。
 以下の日中福祉プランニング代表・王青さんの記事(Diamond online)を読みました。


 両親が入院させられ、餓死したダウン症の子供のこと。
亡くなった母親に会うことができず、霊柩車を追いかけて泣く女の子の姿などが
短い文章でつづられているそうです。

汪芳さんの以下の言葉は胸に染みました。
私はSNSをやっていないので、読めないことが残念です。

「一つの国が文明国家であるかどうか基準は、
高層ビルが多いとか、
クルマが疾走しているとか、
武器が進んでいるとか、
軍隊が強いとか、
科学技術が発達しているとか、
芸術が多彩とか、
さらに、派手なイベントができるとか、
花火が豪華絢爛とか、
おカネの力で世界を豪遊し、世界中のものを買いあさるとか、
決してそうしたことがすべてではない。
基準はただ一つしかない、
それは弱者に接する態度である












知足です。

 東日本大震災から8年目の3月11日の朝が明けました。私たちの意識を、根底から覆すことになったあの日。私たちの行動や社会の仕組みは、前に進むことができているのでしょうか。

 昨年の11月に、支援先の福島の永野さん(たんぽぽサロン)からいただいたメッセージを以下のページに記載しています。子育て中のお母様たちの声を届けてくださいました。

http://elfinfukuoka.blog.jp/archives/78228827.html

  • 3/11の夜に永野さんよりメッセージをいただきました。このページの下部に転載させていただいています。
---------------------
🔷 放射線の問題は終わってなどいないです。だって、震災前に決して戻れることはないんです(中略)。味わわなくてすんだはずの想いを子どもにさせてしまったことは消えないです。

🔷  福島県は決して復興はしていないと思います。ただみんながそれにあえて触れようとしないだけであって、放射線に対する今後の不安が無いわけではありません(中略)。「福島県出身」というだけで、レッテルをはられて嫌な思いをさせられたり、もしかしたら結婚する時に問題視され、差別?される可能性もないとは限らない…特に娘に関しては出産して無事に健康な赤ちゃんが産めるのか?何か影響は無いのか?など…大げさかもしれないが、どうなるかは誰も分からない…と考えてしまいます。震災があった事で何の罪もない子ども達の未来が、思いもよらない悪い方向に進まないことを願います!
---------------------

 問題は、現在進行形である復興を、さも完結したように錯覚し、意識の外に追い出してしまうことだと思います。「あたりまえの毎日」を取り戻すことに、いまだ大きなエネルギーを必要としている方々がおられるということ。そして、自らも「(被災する)可能性としての当事者」であること。今一度胸に刻みたいです。



IMG_4694

 2019年1月に逝去された哲学者・梅原猛の対談「 3.11後を生きる君たちへ~東浩紀 梅原猛に会いにいく~」がNHKで再放送されていました。

 震災後の私たちは、どう生きていけばよいのか。梅原猛は政府の復興構想会議に参加し、現在の文明のあり方を問うたそうです。「この災害は天災であり、人災である。そして『文明』の災でもある。原発を使って人間の生活を豊かにし便利にする、そういう文明が災にあった。今、文明が裁かれていると思います」これを、真っ向から政治に対して発言している彼の姿に、尊いものを感じました。

 対談の中で、私の先祖である修験者たちが大切にしていた考え方が紹介されていてハッとしました。それは「草木国土悉皆成仏(そうもくこくどしっかいじょうぶつ)」というものです。木や石にも魂が宿り、成仏をめざしているという考え方です。私がよく耳にしていたのは「山川草木悉皆仏性(さんせんそうもくしっかいぶっしょう)」というもので、あまねく自然界に魂が宿っているという認識についての言葉でした。 この考え方を修験道関係の論文で引用しようと思ったのですが、仏教語大辞典では「中陰経にいうといわれた偈(げ)の一部だが、平安期に口伝法門系(修験)で偽作されたものだろう」と書いてあります。私としては修験以前の縄文期から、森多き日本に根付いていた思想だと思っています。

 梅原猛は「植物中心の共存思想」に人類はシフトしていかなくてはいけないと主張していました。人間中心主義:自然界は数値におきかえ支配できるとしたのデカルト以降の考え方から人間は間違った、というのです。また永劫回帰(「あらゆることは無限にくりかえされる」というニーチェの思想)を日本的なものにひきよせて語っておられました。これは四季の変化をくりかえす日本の環境から生まれ、共有されてきた感覚です。ずっと先の子孫が自分と同じようにセミを虫網でとれるようにと、永遠に繰り返されるものを感じながら、いまやるべきことを考えるというものです。人間の時間のスパンを越える時間軸で社会をデザインする際、想像力の起点となるものは、やはり植物や水などの自然物なのです。

 エジプトが太陽と水の恩恵を感じ神格化したのは、「農業」が中心だったからだと彼は話します。自然と共存する思想を、文明が取り戻すこと。それが3.11後の私たちの生きる道だと。「一粒の麦死なずば」(だれか一人にでも届いたなら続いていく)という梅原猛の最後メッセージを、いまこそ真摯に受け止め、行動していきたいと思いました。

----------------------------------

 毎年、3月に寄付をしてくださる花崎望さんご夫妻がおられます。今年も私たちにとっては大きなご寄付を賜りました。正直申しますと、現在寄付はほとんどない状態なので、花崎さんのご厚意は大変ありがたく思っています。心より感謝申し上げます。現在、熊本震災支援もかねて、熊本の有機栽培野菜を福島の4か所に毎週送付しています。今後、寄付が底をつくと、それを継続することが難しくなってしまいます。

 災害直後、新聞社から取材を申し込まれた際「3年続けられたら取材してください」と断ったことがありましたが、皆様のおかげで8年も続けることができました。8年たったからこそ、現在進行形の復興のあり方を発信できるのかもしれません。できるかぎり続けていけたらと思います。

 現在、九州北部豪雨災害の被災木で、英彦山の守護童子を制作中です。その一躰(たい)の足とおなかの部分について、花崎さんのお子様のお写真を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

IMG_4661

-------------------------

*3/11の夜、福島県白河市の永野さん(たんぽぽサロン)から、メッセージが届きました。被災地の当事者の方々が、関連する報道をみる際に沸き起こる思い、想像するにあまりあります。永野さんからの言葉を真摯に受け止め、つないでいけたらと心から思いました。

【NPO法人子育て環境を考える虹の会たんぽぽサロン代表・永野美代子様より】

 毎月、お野菜を親子に送るためにご尽力いただきありがとうございます。2月も野菜が届きみんなで喜んで受け取りました。写真を撮り忘れてしまいました。ご連絡が遅くなり申し訳ありません。生産者の皆さま、ご寄付をいただいた皆様に感謝いたします。


 今日は、3月11日。震災から8年が経過しました。3月が近づくにつれ、やはり気持ちが落ち着かなくなる私がいました。そしてこの数日は震災関連のテレビ番組もいつも以上に増えてきます。今朝も8年過ぎた今の福島の様子を映し出す県内のニュースが続いています。

 テレビ画面の中で笑っている人、ここまでどんなに苦労してたくましく生きてきたんだろう…テレビ画面の中で涙をこぼしている人、ここまでどれほどの悲しみを背負ってきたのだろう…テレビに映っているのは、その人のほんの一部分だけ。言えない見せない辛さをたくさん乗り越えようと頑張ってきたのだろうと思います。そして、その後ろ側にどれだけの人が今現在も苦しんでいるのだろう…そう思ったら、あの時に生かされた自分にここまで何ができてきただろうかと思います。

 たんぽぽサロンで「8年をあっという間だった・・」と話すお母さんたち。8年前は、結婚していなかった人もいます。学生だった人もいます。結婚、出産、子育てと夢中に過ごしてきたのは今、就学前のこどもたちの母親たちです。震災の時に子育て真っ最中だった現在小学生、中学生の母親たちとは少し感覚が違うかもしれません。が、3月11日の恐怖・不安は今もまだ忘れてなどないのだとあの日のことを語るときに見せる彼女たちの表情からすぐにわかります。

 私にとっての8年は、とても長かったです。数十年分、必死に走ってきたように思います。あのころは、「どうしよう どうしよう」とおろおろすることばかりでした。一人ではたっていられなくて支えてもらっても崩れ落ちそうな気持の中、頑張ってきたように思います。少しずつ息切れの時期もありました。もっと辛い思いをしている福島県人がいると思うたびに自分の弱さを責めて、燃え尽きてしまいそうでした。

 でも、この苦しさの中で県外からたくさんの方々に応援していただいたから今の私があります。たくさんのつながりができたから頑張ってこれました。こどもたちの笑顔と頑張っている親たちがいてくれたから育ちあうことができました。 これからも「ひとりじゃないよ」と言い続けながらやれることをやっていきます。「どうしよう」と思ったら「じゃ、こうしてみよう」「何とかなる。何とかする。やるしかない」と未来に向けて頑張っていきたいと思います。

 日本中の方に、まだ原発問題は収束していないこと除染した汚染された土の入った黒い袋は増えるばかりなこと放射線物質は見えないから不安なことまだ、避難中の親子がいることなどなど知ってほしいなぁと思います。復興という言葉ばかりが先行して終わったこととして忘れ去られてほしくないなぁと思います。

 雨が降ったり地震があったりすると 真っ先に原発が心配になり不安になり、ガソリンや水や携帯充電が気になってドキドキしてしまうことが ずっと8年続いてきました。この先もきっとそうでしょう。そんな中でも、人間の持つ知恵と自然の持つ治癒力を信じてできることをしていきたいなぁと思います。 今日が、穏やかで何事もなく「普通で」静かに終わることが出来れば 十分に幸せです。明日から、また 元気に歩きだします。大人の責任として 頑張っていきたいと思います。

 長々と書いてしまいました。3.11の日には、私は、震災関連のテレビを見たり、ネットニュースを見るのが辛いです。明日の朝、笑顔で迎えられるように静かに早めに休もうと思ます… この8年間、変わらぬご支援本当にありがとうございます。励まされてばかりです。このご縁に感謝して、恩送りしていきたいです。


3.11に知足さん、九州の皆様に感謝をこめて

NPO法人子育て環境を考える虹の会たんぽぽサロン代表・永野美代子





知足です。

4/1、福岡県太宰府市のバレエサークルクララによる公演「Like  Elf  (エルフのように)」を拝見しました。被災地支援活動の着想を得た名作「かたあしダチョウのエルフ(ポプラ社)→絵本説明ページ」をテーマした子供たちのバレエ公演です。
 この絵本は、3/6の豪雨被災地松末小学校の子供達にも読み聞かせしたものです。→松末時計づくりワークショップ

 動物の子供役の子供たちのあどけなさ、踊り手の少女たちの楚々とした美しさと力強さ、舞台構成、音楽、全て調和して、感動的で素晴らしい舞台でした。 

 企画したバレエの先生は、私の古くからの友人です。福岡エルフの木の活動に賛同し、企画してくれたそうです。
 実は共通の大切な友人が前日に危篤状態となり、私たちはその友人の手を握って愛を送りました。公演の朝、彼女は旅立っていきました。お通夜の前に、私は公演に向かいました。亡くなった親友が、毎年このバレエサークル発表会のグラフィックデザインを担当していたからです。彼女の気持ちと一緒に、美しく悲しくあたたかい舞台を涙と共に拝見しました。

 「命を惜しむ」、それが「愛おしい (いと、おしい)」という言葉の語源だと聞きました。旅立った彼女が残してくれた大きな愛を大切にしていきます。

*豪雨災害被災地復興支援として、倒木した山桜(添田町吉木)で、彫刻をつくることになりました。添田町がクラウドファンディングでプロジェクトを立ち上げています。その彫刻のモデルは、英彦山修験の花開童子です。被災された方々や自然環境のため精進したいと思います。
 今年亡くなった母や親友の供養にもなるかと思います。(花開童子は親友と似ているので)
 母の生前のメモに「桜は、それを見ることができない人のために咲いている」とありました。



FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


















知足です。

花崎望さんより、多額なご寄付をいただきました。福岡エルフの木は東日本大震災、熊本震災、および九州北部豪雨災害被災地の復興を願い動いてきましたが、7年間、毎年ご寄付くださったのは花崎さんだけです。ずっと忘れないという思いを行動で表現してくださる花崎さんを心から尊敬します。本当にありがとうございました。‎*花崎さんは、障がいのあるなしに関わらず音楽を学び体感するための教室(→Music Life♪)を運営されている音楽家です。

ーーーーーーーーー
 本日、知足研究室で、3/5に松末小学校で開催予定の「松末の木と石の時計づくりワークショップ」の準備を行いました。
 材料の丸太円盤は、九州北部豪雨災害で被災した松末の倒木です。杉岡さん(杉岡製材所)所有の森のもので、藤本先生(九大農学部)、豊福さん(切り株工房)が細心の注意を払って割れないよう乾燥・製材してくださいました。
 知足研究室の学生たちで、文字盤の穴あけ、道具の準備、児童と教職員一人一人の絵が刻まれたしおり作りなどを行いました。

FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender

 3/5は制作風景や完成作品の写真を、WSの最後にスライドショーにして上映する予定です。
 音楽は、九大の音響設計学科の学生が演奏してくれた音源を使います。(古賀君、武部君の協力に感謝します)
 校舎に電気がきていないとのことで、コードレスの機材を準備するなど、工夫をしているところです。













花崎さんより個人としては多額なご寄付をいただきました。本当にありがたく、心より感謝しております。

「3月、4月と様々な思いが胸に湧いてきます。(寄付)させていただけること、自分の思いを少ないながらも受け取っていただけることその事実があることに感謝しております。これもひとえに私には何もできませんが行動してくださる先生方あってのことと心から感謝いたしております。皆様に宜しくお伝えくださいませ。」という一文が添えてありました。

他者貢献することを、自分自身も享受できるベネフィットとして感謝をしている花崎さん。すごいことだと心からの敬意を表します。

私が今年の国展に出品する作品は、後に熊本の被災地(西原村商工会議所)に寄付する予定です。これは西原村のシンボルの鳥であるキジをモチーフにした鉄の作品です。またインドのジャータカ物語(本生譚)もコンセプトに制作しました。自分にできる最善な行いを、持続して行うキジのお話です。花崎さんや被災地の方々の姿に、キジの姿が重なります。

http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~tomotari/kijinohikeshi.html

IMG_8891



知足です。 友人の松本亜樹さん(糸島在住)が企画運営に関わっている「田んぼコンサート」というイベントがあります。 糸島の龍国寺で毎年開かれていて、いつも素敵なゲストが招かれています。 http://tanbo.konjiki.jp/ 今回、福岡エルフの木で支援した南阿蘇の野中元さんがお話ししてくださったとのこと。 また亜樹さんが、ちいさいおうちプロジェクトも告知してくださいました。 とても嬉しかったです。 さらに、そこで手作りアクセサリーや寄付を集めてくださり、全額「ちいさいおうちPJ」に寄付してくださいました。 心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 松本さんからのメールを一部転載します。 ----------------- こんにちは。 先日の田んぼコンサートのご報告です。 会場内で販売していた手作りアクセサリー、なんと、完売したんですよ! といっても大した額にはなりませんが、他にも寄付やマルシェの売上一部を提供してくださった方もいました。(中略) 田んぼコンサート、野中さんのお話もそのあとのライブも、とっても良かったですよ。 「大変な時こそ、普段通りに・・・。でも、それは、普段やるべきことをやってるからこそできること。つまり、問われているのは、いつもの暮らしということです。」 という言葉は、聞いている多くの人の胸に響いたと思います。 毎年のことですが、文字通り老若男女が集う田んぼコンサート。 こうして、世代を超えた様々な人々が同じ場所に坐して、同じ言葉や歌に耳を傾けているという風景自体が、本当にかけがえなく豊かなことなのだと感じます。
IMG_8301


FullSizeRender



 いつもお世話になっている花崎望さんより、あたたかいご寄付をいただきました。花崎さんは、個人として毎回多大なご寄付をしてくださるので、とても恐縮しております。花崎さんご夫婦が働いた毎日:音楽をご指導されている子供たち(障がいをもつお子さんも含めて)の日々が、このお金に詰まっているのだな、と思うと、本当にありがたく感じます。大切にいたします。「忘れない」という優しさを、本当にありがとうございます。
 私事ですが、先日私の子供の作文「将来の夢」を読み、ハッとしました。長女は「農家になりたい」そうで、そう思ったきっかけが「福岡エルフの木の活動をみたから」と記していました。あたりまえにあると思っていた食べ物や水が、当たり前に手に入らないことがあることに衝撃を受け、農家になろうと決めた、と書いてありました。びっくりし、また感動しました(私は長女が農業に興味があることは知っていたのですが、「銀の匙(アニメ)」の影響だろう、と勝手に思っていました)。
 花崎さんは、「当たり前のことが、どれだけ大切なことなのか」を、心から理解されている方だと思います。ご夫婦と亡き息子さんに、御礼申し上げます。(知足)
 

知足です。

 東日本大震災以後、糸島産の無農薬野菜を、福島県の妊産婦さん、子供たち、仮設住宅の方々に定期的に送付してまいりました(週一にひと箱)。4年半の間、糸島の土と水が育んだ農産物が、被災地のみなさんを笑顔にしてくれています。
 この度、糸島市の東風(はるかぜ)小学校に、私の彫刻「エルフ」が設置されました。「福岡エルフの木」の概要や、モチーフになった絵本『かたあしだちょうのエルフ』について(出版社のポプラ社に了解を得て)碑文に記させていただきました。碑文の内容は以下の通りです。

この作品は絵本『かたあしだちょうのエルフ』をもとに制作しています。エルフは片足を失っても、子供たちの命を助けます。しかし時がたつにつれ、その優しさを、みんなはだんだん忘れてしまうのです。その後エルフは木に生まれかわり、その涙は泉となります。そしてみんなに木陰と飲み水を与え続けます。エルフの強さは、ほんとうの優しさから生まれています。

  このお話をもとに、糸島の大地と水が育んだ野菜を被災地の子供たちに送る活動を「福岡エルフの木」と名づけ、震災直後から福島県に糸島野菜を毎週届けています。」


 また糸島新聞の吉富さんが、このモニュメントの紹介文を書いて下さいました。
http://itoshima-np.co.jp/news/3761.html

 最後の一文にもありますが、あの作品には「あたたかいつながりの印」として、空を見上げて立っていてほしいと願います。


2c3ae112db37b8ddbbdcde89565be40b-150x150

  (出典:糸島新聞 2015年10月8日)

いつも自分だったらと考えたときに、皆様のことを祈らせていただきます。
(寄付を)させていただけることに、心から感謝しています。

                      花崎望

花崎さんより、ご寄付をいただきました。いつもあたたかいお気持ちを送り続けてくださる花崎さん。福岡エルフの木だけでなく、様々な非営利事業に対してご支援をされているとのこと。本当に頭がさがります。「自分のことで精一杯」と考えると、思考は自ずと自分中心になってしまいますが、花崎さんのように利他の思いに満たされていれば、心が解放され自由になれるような気がします。言葉より行動が大事だということ、花崎さんからご教示いただいています。

FullSizeRender

IMG_5690

 福岡市南区「ユーオン芸育社」、福岡県宗像市の「大人と子どものピアノ教室」の2社から多額のご寄付をいただきました。あたたかいご厚意に、心より感謝申し上げます。感謝状を郵送にて送付しております。いつも支援してくださっている花崎望さんが、2社に働きかけてくださいました。皆様、本当にありがとうございました。大切にいたします。花崎さんが原発問題に関する書籍を読まれたとき「今も口に出来ずに、変な空気感に封じ込められ、叫ぶ事はおろか呟く事すらも思考することも放棄させられた人たちがいる...」と感じられたそうです。表現の自由という時、声をだしたくても出せない「沈黙の声」にまず耳を傾けようとすること、その声が形になることを塞き止めないことを、まず考えるべきなのかもしれません。その姿勢が、人間が人間であることを担保することに繋がると思っています。

(知足)

このページのトップヘ